メインイメージ画像

必要な運転資金

いかほどの資金が歯科開業を行うのに必要なのか悩んでいる人も多いのではないかと考えます。
様々な条件・要因でかかる資金は大きく異なってくるのですが、最初に必要な資金は設備投資資金と予想されます。普通歯科開業の場合、テナントに入っても3000万以上は必要と予測されます。
その他にも歯科開業当初からの設けは見込めないので、歯科開業からしばらくは貯金を当てにしてやらなければならない見込みが高いと思われます。運転資金と名づけられ、1000万ぐらいは考えていた方がいいでしょう。

他の科の開業よりも低いと思われますが、歯科開業にあたり約4000万を超える資金が必要となってくると予測されます。

医院を開業する際に重要となる一項目物件だと言えます。物件は、およそに分けてテナント物件、居抜き物件、一戸建て開業物件になるでしょう。これらの物件にはそれぞれ良い所不利点があるのです。
テナント物件は立地が良いけれども、駐車場を持つのが厳しいなどの短所が存在します。

開業資金も一戸建て物件と見比べると安価だという良い所もあります。
居抜き物件は、これらの中でも最も低価格と言えます。開業時にはいる設計等の順序を踏まないでよいから、わずかな期間で開業することができるのです。しかし、前病院の評判が低い場合は、負の評価からの開業になると思われます。
一戸建て開業物件は、理想の医院を開業できる反面、高くなってしまうのです。

更新情報